Sample Image

高麗人参は取り方が大事The ingestion method

世間にはたいへん多くの健康食品が販売されていますが、
正しい摂取方法や副作用などは、はじめる前に知っておきたいところです。

せっかく購入しても、間違った飲み方で続けてしまった場合、
効果を得られなかったり、逆に体調を崩してしまうこともあります。

優れた効能を持つ高麗人参を始めるのであれば、
しっかりと効果を得られるように正しい飲み方・使い方の知識を付けておきましょう。

高麗人参の飲み方と言ってイメージしやすいのは、
漢方で使用される煎じたパウダー状の物ではないでしょうか?

煎じたものをお茶として飲むのがオーソドックスで効果的な摂取方法です。

販売されているサプリメントを利用するのも手軽です。

一回分ごとに分けられていることもあり、一日の目安量が分りやすいのも良いでしょう。

自分で煎じたりする手間がありませんので便利です。

しかし、産地や添加物の有無などもしっかりと確認する必要があります。

品質に注意し、選び方には気を付けましょう。

本場の韓国では普段の食卓でも摂取しています。

参鶏湯や蜂蜜漬けなどが有名です。

サプリや錠剤、個包装の粉末などでは
一日の摂取量が明記されていることもあるのですが、
ご自分で煎じる際や食事で摂取する際には量の調節が必要です。

一人一人の健康状態や体格によっても適正量が異なる為、
様子を見ながら調節するのが良いでしょう。

何の変化も見られないようですと、少なすぎる場合があります。

いずれにしても、即効性がある物ではないので、長期間継続的に続けることが大切です。

また、ワーファリンなど、病院のお薬を飲んでいる場合は
飲み合わせに問題がある可能性がありますので必ず医師に相談しましょう。

好転反応(瞑眩反応)とは?

摂取を続けていくと、始めてから1週間程度で好転反応がみられることがあります。

好転反応とは、身体が快方に向かうにつれて毒素が排出されたり、
体内の状況が変わっていくうえで感じる不調の事です。

頭痛・眩暈・腹痛・下痢・便秘・動悸などの症状がみられます。

症状は1,2週間程度で治まるとされていますが、
ひどい場合や生活に支障が出て心配な場合は、
医師に相談してみるのも良いでしょう。

他に服用している薬との相性が悪かったり、持病との相性が悪かったり、
稀なアレルギーによって体調が悪くなることもありますので、
摂取前に調べておくと安心でしょう。

好転反応を病気と思って中断してしまうことも勿体ないことですので、
自分の状態をしっかり把握しておくことをおススメします。
こちらのお酒との関係 についての解説も大変参考になりますので、ぜひ、ご覧ください。

Copyright(c) 2013 Asian ginseng is Awesome All Rights Reserved.