Sample Image

高麗人参栽培のむずかしさ英語

私たちにたくさんの健康・美容効果を与えてくれる高麗人参は、
古くから貴重な品として身分の高い人たちにも親しまれてきました。

歴史的に国交に利用されることが多いのも、
世界中にその効果の高さが知られている証拠でしょう。

高麗人参と言えば、高価な食品・生薬というイメージがあるかと思います。

現在では、種類や商品タイプによって手の届く商品が多くなりましたが、
価格が高いのには理由があるのです。

その理由とは、『栽培方法の難しさ』です。

高麗人参といえば韓国が有名ですが、韓国の高麗人参事情をご存知ですか?

『非燥・非陰・非陽』という言葉があります。

これは、栽培に適した土地を表す言葉です。

成功するかどうかは、土地の状態・気候からふるいにかけられているのです。


土壌を作るところから手間がかかります。

まず、化学肥糧は使えません。

有機肥糧によって約2年の間ひたすら土壌作りをします。

土壌の出来が成功か否かを左右します。


苗を植えたら3〜6年間成長を見守ります。

年数によって『三年根』や『六年根』というように種類が分かれます。

年数が長いほうが、有効成分量の違いから品質が高いとされます。

この間に手を加えることはできません。

太陽光の照射を制限する屋根が必要です。


収穫後は土を休ませます。

全ての栄養を吸い尽くして育つため、10年以上は土を休ませて栄養分を回復させます。

それまでその土地では、一切の作物は育たないとされています。


トータルすると20年ほどの年月を要する作物というのは中々ありません。

これだけの手間と年月を要するのですが、
効能の高さは他の食品と比べ物にならないほどです。

有機物によって育てるのが基本ですが、
原産国によっては農薬の問題もある為、
原産国も選び方の基準に加えておいた方が良いでしょう。
こちらのサイトの高麗人参のベストな原産地についての解説ページもご覧になってみてください。

六年根の難しさ

同じ高麗人参でも、六年根となると難しさが格段に上がります。

というのも、気候風土が少しでも適さない場合は、
六年経つ前に根腐れを起こしてしまうからです。

日本でも島根県の大根島や福島県会津地方、長野県などで作られてされていますが、
六年根は稀だと言えるでしょう。

サポニンやそのほかの栄養素(ビタミン・アミノ酸・ミネラル)
の含有量も群を抜いて多くなります。

さらに、紅参にする過程で特別なジンセノサイドが出来上がり、
血圧調整作用やインスリン生成促進作用も得られます。

特別な効能を持った種類ですので、
多少高価でも利用したいと願う人が多いのです。

土作りから収穫まで、気の遠くなるような年月と手間を要する食品です。

作り手やはぐくんだ大地に感謝しながらその素晴らしい恩恵にあずかりたいものです。
また、こちらのサイトwww.nationalfootballforum.comも、わかりやすい解説があるのでお勧めです。ぜひ、ご覧ください。

Copyright(c) 2013 Asian ginseng is Awesome All Rights Reserved.